2011年05月23日

広島風お好み焼き

2011052313010000.jpg

2011052313150000.jpg


広島風お好み焼きとホルモン焼き

焼きそば入りのお好み焼きは、岩手の方々には珍しいようで、かなりの行列ができました。



2011052313140000.jpg

2011052313070001.jpg


子供たちにも食べさせたいとのリクエストも多く、土曜日にまたやることで納得してもらいました。

小学生も中学生も、学校が津波被害にあったため、それぞれ遠くの臨時施設まで貸し切りバスに乗っての通学です。
帰ってくるのは5時くらいなので、平日の炊き出しには間に合いません。
ちょうど片付け始めた頃に彼らのバスが帰ってくるのですが、なんだかつらい思いの毎日です。


差し入れのホルモンとニンニクの芽、昨日の残りのキノコ類で作った焼き肉もおいしかったのですが、お好み焼きの人気にはかないませんでした。




2011052314010000.jpg

毎週やってくる東京の美容師たち。
30店舗ほどのスタッフが組織をつくって、ずっと継続してくれるとのこと。
この日も忙しく働いておられました。



2011052308300001.jpg

2011052308300000.jpg

何人ものボラさんたちがこの広場で働き、思いを残して帰っていきます。

みんなの気持ちをバトンタッチしながら、今週もやっていきます。


posted by 芋爺 at 23:14 | Comment(1) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月22日

勝負2日目



2011052207010000.jpg

日曜日の朝は強い雨で始まった。
どう見ても止みそうにない雨で、まごころネットの全作業チームにも活動中止の決定が伝えられた。

家屋整理や泥出し、水田の片付けなどは雨中では危険度が高まる作業で、中止の知らせに多くのボランティアさんたちも悔しそうに空を見つめる。

勝負のかかった俺は、珍しく朝飯を食べて気合いを入れ直す。
今日のイベントの意味を考えれば、雨なんかに負ける訳にはいかない。



『絶対に小降りになりますよ』そう宣言して、みんなの見送りの中、まごころ広場号は出発した。

広場に到着しても全く止む気配のなかった空模様だったが、かまどに火を入れるとあら不思議、ピタッと雨がやんで、みんなの歓声が上がる。
神様ありがとうございます!!
祈ってくれた皆さん、ありがとうございます!!




imog-2011-041gfda55-24T06_08_19-2.jpg

imog-2011-05-24T06_0gfdso8_19-3.jpg

2011052215250000.jpg

2011052215260000.jpg


手作りステージの上で始まった『城山寅舞』の皆さんの演技に、避難所の方々の目の光が変わる。
お囃子の掛け声、ダイナミックな舞姿に、広場の空気が異様なものに包まれていく。
おじいちゃん、おばあちゃんたちの手が、ギュッと握りしめられている。

お盆には帰省しなくても9月の祭りには帰ってくる、というほどの祭り好きな土地柄が大槌の特徴なんだと、隣に立ったお父さんが教えてくれる。
山車の2/3が、祭り道具や衣装の多くが、そして何より、祭りを愛し繋いできた何人もの男たちが、波に奪われていったと。
もう、依然のような形での祭りには戻れないだろうと。

喜び、悲しみ、怒り、絶望、希望、さまざまな感情がごちゃ混ぜになった力強い拍手が、小さな広場に鳴り響いた。




2011052215240001.jpg

2011052215280001.jpg


炊き出しは、リゾットと玉子スープ。
ボランティアの新井さんが心を込めて作ったリゾットはお年寄りにも大好評。
雨で気温も上がらなかったけど、少しは身体を温めていただけただろうか。




2011052215230001.jpg

2011052215240000.jpg

寄付されたお汁粉も大人気で、長い行列ができた。


3時過ぎに隣接する野球場に、AKB48のメンバー6人がやってきて、ひとときガランとなったけど、2度目の寅舞の時間には、午前中の倍近くの人々が集まってこられた。

太鼓の音、笛の音、掛け声、大きな拍手。

祭りって本当に大事なものだと学ばせていただけた。


まごころ広場から歩いて5分のお宅まで、喘息用吸入器をお持ちした。
アレルギーの活動も手抜きしないようにしないと、カッコ悪いよな。


二日間の勝負、なんとか善戦できたと思う。

炊き出しの費用を寄付して下さった方々、一緒に活動してくれたボラの仲間たち、ずっと見守って祈ってくださっている方々。
本当にありがとうございます。

土日の炊き出しは終わりましたが、俺の勝負はまだまだ続きます。
洗面器に浸けた顔、まだ上げません。
これからも祈っていただけたらうれしいです。


posted by 芋爺 at 23:08 | Comment(4) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

勝負1日目

2011052117000000.jpg

朝からの雨も、現場に着くころにはすっかりやみ、気持ちのいい春の1日になりました。


2011052111360000.jpg

今日の炊き出しメニューはぶっかけうどんです。




2011052112090000.jpg

2011052111520001.jpg

2011052111520000.jpg


ごめんなさい、眠くて落ちそうです。

結果、170杯。

明日も炊き出しです。
メニューは、地中海リゾット、スパニッシュエッグスープ、お昼過ぎてからはぜんさいです。




2011052112440000.jpg

2011052112520000.jpg

今日のように明日もいい勝負になるといいなぁ!





posted by 芋爺 at 23:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

感謝です。

おはようございます。
岩手は久しぶりの雨になりました。

西福岡のぞみ教会様
kazuさん
カラスさん
フルフ マサコ様
アオキ ヤスミチ様
オオサワ ツタエ様
古賀市の麺ブログのファン様

キャンドルライツ基金へのご送金、本当に感謝です。
皆様のお気持ちを、きちんと被災された方々へお渡しいたします。
炊き出しや飲食物、衣料品など細かいにニーズに用いさせていただきます。

また、小学生サイズの靴につきましても、僕のつたない呼びかけに多くの方が応えてくださっています。
御礼が遅れまして申し訳ありません。
とても喜ばれています。
本当にありがとうございます。感謝します。


今日の炊き出し前には、せめて小降りになりますように....。

☆☆☆☆☆


posted by 芋爺 at 06:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

Candle Lights

2011051011540000.jpg

岩手に着いて、あっという間に5週間が過ぎました。
最初は驚き、悲しみ、畏れの毎日でした。

日々を重ねるうちにだんだんと、
なぜ僕がここに来たのか、
ここに居るのかが判ってくるような気がしています。


出発前から、多くの方々に助けていただきました。
多額の支援金もお預かりしました。
遅くなりましたが、改めて御礼申し上げます。

こちらに来てからも、様々な支えを頂いています。
精神的にも金銭的にも、それらの支えがなければ、
今日まで活動を続ける事は難しかったと思います。


先週から、アレルギー支援の活動に加え、
『まごころ広場』の運営のサポートを始めました。
『まごころ広場』は岩手県大槻町にあります。
避難所に隣接した、パイプ作りトタン屋根の小さな建物です。
けれど大きな意味合いを持つ施設です。

被災された方々が、
この場所でほんの少しでも憩えるような、
そんな場所になればということで作られました。
(施設の発案は、自らが被災された臼沢さんという素敵な方です)

毎週火曜日には、東京の理美容の方たちが来られたりもします。
昨日は、つんくとミキティが来ました。
『遠野まごころネット』は、
毎日のお茶、飲み物、ちょっとしたおやつ作りなどを受け持ち、
被災された方々と一緒に毎日活動しています。
いつの日か、この施設の必要性がなくなる日まで、
この場所を育て守りたいと思っています。


社会的、政治的、経済的見地からすれば、
『まごころ広場』は小さなまぼろしにしか過ぎないでしょう。

ですが僕はこの場所が、
ちいさなローソクの灯りに照らされた希望の場所のように思えるのです。
岩手の強い風に吹き消されそうになっても、
しっかりと、このともしびを守りたいです。

多くの方が、僕を信じて預けてくださったお金のほとんどは、
これまでの5週間で被災された方のために用いてきました。
これ以後の活動は、できれば自前で継続していきたいのですが、
食材や飲み物、お菓子などの購入は思っているよりも費用が掛かりますし、
集まる支援物資だけで賄っていく事は、今は困難な状況にあります。

これまで、何人かの方々に、『支援するから口座を教えて』と言われてきました。
僕の自分だけの判断で、必要と思われる物資を購入することに、
いくばくかの違和感を持っていたのですが、
もし、僕を信じていただけるのであれば、
皆さん方の浄財を用いさせていただきたいと思うようになりました。

僕が持つ1本のローソクよりも、少しづつでもともしびの数が増えていけば、
悲しくてつらい場所もいつか明るい光に照らされると思ったからです。



キャンドルライツ.JPG

そんな意味合いを込めて、
キャンドルライツ基金という名で口座を開設しました。

会計決算もできそうにありませんし、
使途に関しても現状では僕一人の責任と判断でなされます。
そんな中途半端な基金ですが、
ご容赦ご賛同いただける方がおられましたら、ぜひよろしくお願いいたします。



<お振込先>
岩手銀行 遠野支店 普通口座 2043640
キャンドルライツ基金 代表 梶原敬介



土曜日は、ぶっかけうどん、日曜日はリゾットの炊き出しをする予定です。
おいしいのができるように、祈っておいてくださいね。


☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆ ☆☆☆☆☆


posted by 芋爺 at 12:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

炊き出しキャンセル ><

799px-Bukkaeudon_akagi.jpg

まごころ広場で21、22日に予定されていた、某グループの炊き出しがキャンセルされた。
予定や情報が混沌とするのは仕方がない。
仕方がないが.........。

なんにしても、21日の昼食170食分は作らないとなぁ。

夜中に目が覚めて献立、段取りとか考えてたら、眠れなくなりました。

釜揚げぶっかけうどん、どうよ。


くっそ〜!俺は出来る子!勝負だっ!

☆☆☆☆☆





posted by 芋爺 at 04:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

でっかい男のでっかい仕事

2011050708140000.jpg

アレルギー支援ネットワークのボランティアとしてやってきた獨協大学の廣田君。
20日間あまり頑張って、帰っていった。





imog-2011-05-19T00_09_57-205154915315486.jpg

彼の置き土産は、シャボン玉石鹼からの5000を超える支援物資。

きっと多くの人が喜ばれると思います。




2011050708090001.jpg

またいつかどこかで、一緒にご奉公できるといいね!





posted by 芋爺 at 00:10 | Comment(1) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

おまいらクリックしる!

クリックで救える命がある。

クリック募金のdff.jp

その中の「ユニリーバ」のページにあるのは


クリック募金→東北震災復興

 http://www.unilever-sabd.jp/click/


ツイッター募金→東北支援復興

 http://www.unilever-sabd.jp/twitter/


つまりは 
クリックするだけで 
またはつぶやくだけで
復興支援金が稼げると言うことなんだけれども


インターネット人口が
現在どれくらいいるのかは知らないけれど
Twitter人口が
現在どれくらいいるのかは知らないけれど




012hifdsau.jpg

少なくね?

みんなクリックしろよ!

みんなつぶやけよ!



ほんの数十秒でボランティアできるべ?
 



ちなみにユニリーバって

lux_smalllogo_new_tcm56-23115.jpgLUXとか
dove_smalllogo_new_tcm56-183282.jpgDoveとか
vasmall_tcm56-23524.jpgヴァセリンとか
pondssmalllogo_tcm56-183278.jpgPONDSとか
axe_smalllogo_new_tcm56-183280.jpgAXEとか
rexena_smalllogo_tcm56-23518.jpgレセナとか
jif_smalllogo_tcm56-23585.jpgジフとか
sodsad_tcm56-27004.jpgドメストとかの会社。


lipton_smalllogo_tcm56-23611.jpgリプトンの会社でもある。
 



012fjhjsakjgs.jpg

ちなみに 携帯でもクリック募金しる!
http://m.diff.jp/unilever/





posted by 芋爺 at 15:02 | Comment(1) | TrackBack(0) | from Johnny | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。