2011年06月24日

no-title

2011061410580000.jpg2011061410590001.jpg2011061612240000.jpg2011061612230000.jpg2011061812020000.jpg2011062114450000.jpg2011062114440000.jpg2011062001160000.jpg2011062208130000.jpg2011062001160000.jpg

トダテ キョウコ様
デイヴ様
キャンドルライツ基金へのお振込み、ありがとうございます。
大切に用いさせていただきます。



100日が過ぎましたが、こちらは変わらずの地獄です。

けれども、その中で皆さんと楽しく過ごさせていただけています。

まごころ広場に併せて、大ヶ口に生まれたかけはし広場も担当しています。

『一人でいると悪いように悪いように考えてしまうけんど、ここでみんなと会ってると元気が出てくっべ。大切な場所だあ。』

家も船も流されたお父さんが笑顔を見せてくださいます。


両広場のある大槌町では、在宅避難されている方々(親戚や知人の家に避難されている方々など)への食糧・物資の配給が、明日で打ち切られます。

仮設住宅に入られた方々に対しても、電気製品6点セットを手切れ金代わりに、物資、食糧の配給が終了しました。

行政では無理です。

民間による、おにぎりの炊き出しが必要な段階に引き戻されました。

家族を失い、家を失い、仕事を失い、蓄えもないご高齢の人達が、今またお腹を空かせるようになります。

まごころ広場を運営しながら、『炊き出しよりも音楽イベントを増やしたいなぁ』などと考えていました。
もちろん癒しも大切ですが、空腹や絶望感を二の次にする事はできません。

まごころ広場のおかあさんたち、かけはし広場のお父さんたち、臼澤館長、支援して頂いている方々に『両広場を本当にお困りの方々への食糧配給所にしたい』と相談すると、皆さん賛成していただけました。

3食分は無理、1日に味噌おにぎりお一人2個だけかもしれないけれど、お渡しする事ができる、お届けする事ができる基地にしたいと思っています。



皆さん、お祈りお願いします。
見捨てられたと絶望されている方々のために、どうかお祈りください。



遠野市社会福祉協議会から、可愛い軽自動車をお借りしています。
梅雨入りしましたが、バイクで走り回らないですみます。

負けない象と一緒に今日も頑張ります。

ありがとうございます。


posted by 芋爺 at 03:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | from imoG | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
現地は、マイナスに向かってるのですか?
本日6月24日、復興担当相に松本龍環境相兼防災担当相を起用されたそうです。総理が「復旧から復興へ切れ目なく、かつ迅速に、夢のある復興を実現」と、おっしゃておられたようです。
どうなんでしょう?
それはそうと、フォトに写っている小屋は、大ヶ口に生まれたかけはし広場の事務所ですか?
Posted by 中田和夫 at 2011年06月24日 20:07
こんにちは、熊本在住のライダーです。
震災直後から、何か出来ないかと考えていますが、五十路半ばで、家族を残して現地へ入る勇気も抱けずにいました。
貴殿の活動を知り、恥ずかしいばかりです。
今の私に出来る事、キャンドルライツ基金への賛同方法を教えて下さい。

豪雨、暑さと続きそうですが、身体に気をつけて活動して下さい。
Posted by at 2011年06月25日 08:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/211560711
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。